秋作圃場に緑肥を蒔いてみた。

太陽熱をしようか緑肥をしようかまよったんですが,ハウス1棟に緑肥蒔いてみました。

緑肥

生育中のまだ緑色の植物を土つくりや養分供給に生かすこと。ウネ間や樹間にイネ科やマメ科の植物を播き、栽培期間中に適宜、刈り取って敷き草としたり、一定の栽培期間を経てすき込んだりする。昔から行なわれてきたが、近年、小力的な土つくりの方法として注目されている。おもな効果は土壌有機質の増加、土壌物理性の改善、雑草抑制で、減農薬・減化学肥料をはかることにあるが、最近は、バンカープランツとして天敵をふやす効果も期待されている。緑肥作物としては、クローバ、ソルゴー、イタリアンライグラス、エンバク、小麦、ライムギなどがあげられる。田んぼのレンゲや菜の花、畑のキカラシなど、景観作物を兼ねた活用も広がっている。マリーゴールド、エビスグサ、クロタラリアなどのセンチュウ対抗植物も、すき込んで緑肥として利用される。

乾燥しまくりの畝にすじをつけ播種!チョビットゴロゴロなべとがきになりますが・・・。

覆土・鎮圧後、スミサンスイで潅水!

6時間ぐらい潅水の予定。まだ3月なのに蒔いてみた?発芽するでしょうか?

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

おおきくもなく・ちいちゃくもなく・中途半端なミディトマトをメインに栽培しているのうみん by山下農園

福井県でミディトマト栽培してるのうみんのブログです。
山下農園のプロフィールについて、さらに詳しくはコチラへどうぞ。
忙しくなると、ブログのUPがストップしますが、生産者はたぶん生きてます。
今年はがんばってマメにUPしていきます。

山下農園の2019年度栽培作物

春作インゲン・モロッコ(3月下旬~5月末日)
3月上旬に播種し、3月下旬に定植。そしてゴールデンウィーク頃からマメに収穫。
収穫時期 4月下旬から5月下旬まで

春作ミディトマト(3月下旬~7月末日)
3月に定植した苗が大きく育ち、6月中旬には真赤に完熟した実をつけます。暑くなってから鈴なりのミディトマトがとれますよ。
収穫時期 6月中旬から7月末日まで

夏作ミディトマト(5月下旬~8月下旬)
収穫時期 7月中旬から8月下旬まで
味を求めず・・・。

スナップ(8月中旬~翌5月末日)
8月中旬に種まきし、9月上旬に定植する作型。
収穫時期 10月中旬から翌3月末日まで
※翌1月~2月は収穫はありません。

CALENDAR

2011年3月
    4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031