ミディトマトのホルモン処理

ミディトマトの花は、雄蕊と雌蕊が花の中に存在します。風で揺れて花粉が雌蕊につく可能性があるが、マルハナバチを入れるか、ホルモン処理をしないと、果実になってくれません。マルハナバチを入れるには、ハウスの外に逃げ出さんようにせなあかんだの、許可が必要だの・・・。とヤッカイです。やっぱ確実にこれでホルモン処理!

ホルモン処理の薬剤はこんな容器(1本/20mL)に入ってます。

容器の上を『ポキッ』と折ってやって

薬剤注入です。我農園は6月まで100倍で散布・6月より150倍で散布予定。

薬剤の入った容器を持ち、散布する花房にスプレーを向け

発射。花に水滴が付くとOKです。

これでホルモン処理終了。この作業ごっつい時間のかかる作業で、春作トマトにはほとんどの農家さんが省力化でマルハナバチを入れる。我農園がマルハナバチを入れない理由は、種が出来ないから。大玉トマトの場合は種があっても違和感ないですが、ミディトマトの場合は・・・。

  • コメントは受け付けていません。
コメントは利用できません。

おおきくもなく・ちいちゃくもなく・中途半端なミディトマトをメインに栽培しているのうみん by山下農園

福井県でミディトマト栽培してるのうみんのブログです。
山下農園のプロフィールについて、さらに詳しくはコチラへどうぞ。
忙しくなると、ブログのUPがストップしますが、生産者はたぶん生きてます。
今年はがんばってマメにUPしていきます。

山下農園のH30年度栽培作物

春作インゲン・モロッコ(3月下旬~5月末日)
3月上旬に播種し、3月下旬に定植。そしてゴールデンウィーク頃からマメに収穫。
収穫時期 4月下旬から5月下旬まで

春作ミディトマト(3月下旬~7月末日)
3月に定植した苗が大きく育ち、6月中旬には真赤に完熟した実をつけます。暑くなってから鈴なりのミディトマトがとれますよ。
収穫時期 6月中旬から7月末日まで

秋作ミディトマト(7月上旬~11月中旬)
収穫時期 9月中旬から11月下旬まで
久々の作型です。

スナップ(8月中旬~翌5月末日)
8月中旬に種まきし、9月上旬に定植する作型。
収穫時期 10月中旬から翌3月末日まで
※翌1月~2月は収穫はありません。

CALENDAR

2012年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031