久々の秋作圃場準備です。(H30編)

春作ミディトマトの収穫が忙しいのに、秋作の圃場準備です。

ほんまはフィールドワークスのハウスを借りる予定でしたが、生産者が動けず、我ハウスで今年栽培します。

前作はインゲンです。

残渣片付けからスタートして残渣処理がほぼ完了した図

残渣片付けからスタートして残渣処理がほぼ完了した図

ハウス内の作業、太陽さんが出てると、やはり、『暑い』

ミディトマト秋作圃場準備(元肥投入)

今回、久々に石灰・ようりんをハウスに投入。

粒状セルカ投入(石灰です)

粒状セルカ投入(石灰です)

投入量 10a/80kg(1ハウス当たり 20kg1本)

続いて、粒状ようりん投入

続いて、粒状ようりん投入

投入量 10a/60kg(1ハウス当たり 15kg1本)

まきおわると、こんな感じです

まきおわると、こんな感じです

畝の上は

畝の上は

ほんで、レーキで畝の上を均すと

レーキで畝の上を均すと

畝の上は

畝の上は02

ほんでもって、元肥投入

ほんでもって、元肥投入

穴肥えでいきます。

春に作ったぼかしを投入

投入量 10a/80kg(1ハウス当たり 20kg1本)

潅水チューブ付近に穴をあける

潅水チューブ付近に穴をあける

で、ぼかし投入

で、ぼかし投入

ほんで、べとをかぶせると

ほんで、べとをかぶせると

これでOKでしょう?

暑いんで、紙マルチ設置

真夏にミディトマトを栽培するので、地温を出来るだけ下げる努力をせなあきません。

『紙マルチ』の出番です。

設置したの図

『紙マルチ』の出番です。

畝のアップの図

畝のアップの図

紙マルチ君、風に弱いので、注意が必要です。

定植予定日は7月5日です。

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

おおきくもなく・ちいちゃくもなく・中途半端なミディトマトをメインに栽培しているのうみん by山下農園

福井県でミディトマト栽培してるのうみんのブログです。
山下農園のプロフィールについて、さらに詳しくはコチラへどうぞ。
忙しくなると、ブログのUPがストップしますが、生産者はたぶん生きてます。
今年はがんばってマメにUPしていきます。

山下農園のH30年度栽培作物

春作インゲン・モロッコ(3月下旬~5月末日)
3月上旬に播種し、3月下旬に定植。そしてゴールデンウィーク頃からマメに収穫。
収穫時期 4月下旬から5月下旬まで

春作ミディトマト(3月下旬~7月末日)
3月に定植した苗が大きく育ち、6月中旬には真赤に完熟した実をつけます。暑くなってから鈴なりのミディトマトがとれますよ。
収穫時期 6月中旬から7月末日まで

秋作ミディトマト(7月上旬~11月中旬)
収穫時期 9月中旬から11月下旬まで
久々の作型です。

スナップ(8月中旬~翌5月末日)
8月中旬に種まきし、9月上旬に定植する作型。
収穫時期 10月中旬から翌3月末日まで
※翌1月~2月は収穫はありません。

CALENDAR

2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930